ハイキング Feed

2022年11月 4日 (金)

ベースキャンプ高松店です。

10月29日は高清水トレイルを歩いて来ました。

岡山県と鳥取県境沿いに続く、話題のトレッキングコースです。

311613905_539526218181599_254793112

コース上からは、紅葉に彩られた景色が広がり、

秋山もいよいよ最高潮を迎えつつある...印象ですsign01

それではレポートへenter

311589903_539526068181614_253614823

起点は人形峠(標高735㍍)。

311592116_539526278181593_303183266

フカフカのウッドチップを敷き詰めた路面は、

足にも優しいコースとなっていますnote

311776191_539526181514936_210755136

コース図も在り、整備良好ですね。

311599790_539526074848280_607852394

一日の寒暖差も大きくなり、コース上の木々も

すっかり色付いていましたぁ。この辺りはブナ林。

311686363_539526391514915_563540869

歩行にも余裕が有り、写真もバシャ、バシャcamera

311661405_539526224848265_410854318

311613905_539526218181599_2547931_2

陽を浴びて、紅葉模様も、綺麗に見えました。

見頃はもう少し先かなぁ?

311603076_539526138181607_385951758

311589753_539526381514916_383135515

晴れた日には雪化粧をした伯耆大山をはじめ、

中国地方の山々や日本海を望める絶景も広がりますが、

今日は残念でした。(despair

311620529_539526128181608_421335324

伯州山山頂(標高1044㍍)に到着。

311690049_539526168181604_377095609

陽を浴びて、がキラキラshine輝いて見えました。

311621074_539526298181591_518153927

ここ鏡野町は有数の「紅葉スポット」としても知られ、

ブナやカエデの色付きが素晴らしかったです。maple

311658907_539526331514921_5294549_2

高清水高原(標高950㍍)。

ススキもほぼ見頃。

311601005_539526351514919_516153423

無事下山。

のんびりと三昧のトレッキング run

「贅沢過ぎますか?」

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年10月24日 (月)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

 

四国八十八ヶ所を歩いて完全踏破する、琴参観光主催の

「がんばらない遍路道歩き」の第16期28行程が

10月16日に開催されました。

Dsc08873

計画では夏休み明けの9月に催行予定でしたが、

台風の影響で、順延になってしまいました。

今回は愛媛県宇和島市の郊外から、市境を越え、

西予市宇和町を目指す...約18㌔の行程になります。

それではレポートです。enter

Dsc08760

秋晴れの一日 sun

気持ち良く、爽快にスタートsign01

今日は北宇和島からの歩き出しですnote

Dsc08764

JR予土線に沿って、県道57号を旧三間町に向けて

緩やかに登って行きます。

周囲にはのどかな山間の風景が広がります。

Dsc08774

が、気温が一気に上昇up 陽射しがとにかく強く、

最高気温28℃と、やっぱり暑かったです。(coldsweats02sweat01

Dsc08782

窓峠を越えたら、務田(むでん)。

周囲を山で囲まれた三間盆地に到達。

Dsc08788

周囲は田んぼが広がる...一大穀倉地帯です。

Dsc08797

四国霊場第41番札所龍光寺(りゅうこうじ)で、

一応午前の歩行は終了。

Dsc08799

バスで道の駅みまに移動して、ランチタイムrestaurant

本日は地元の地産地消の食材が詰まったランチですnote

宇和海の魚介と、何たって「三間米」ですから、

新米が超美味いsign03

おきて破りのごはんのお代わりが

連発することになりましたぁ(coldsweats01

Dsc08809

Dsc08811_2

さて午後の行程が再開。

まずは41番龍光寺を参拝。

Dsc08817

参拝後は次の札所を目指して、ちょっぴり山越え。

Dsc08824

Dsc08826

午前の車道歩きとは全然違った、風情ある山岳路の登場に

皆さん大喜びとなったのです。

木漏れ日が降る樹林帯は涼しく、気持ちが良かったのは、

云うまでもありません。

Dsc08844

雰囲気の良い山越えの後は、コスモスが咲き始めた

田んぼを眺めながらの歩行 run

来月に「コスモス祭り」が開催されるそうで、

ちょっと残念でしたね。

Dsc08850

次の札所は意外と近く、龍光寺からは約2.6㌔。

前方には宇和へと越える山並みが横たわっています。

Dsc08855

四国霊場第42番札所仏木寺(ぶつもくじ)に到着。

Dsc08866

紅葉の美しい札所ですが、モミジはまだ青かったです。

Dsc08873_2

最後は、「前方の山を越えて行きますよsign03

標高400㍍の歯長隧道に登ります。

Dsc08884

登り始めると、台風で崩落した箇所に出ました。

完全に道が消失していました。

Dsc08885

ありがたいことに、はしごと迂回路が付けられて、

エスケープ出来ましたぁ。本当に感謝です。

Dsc08894

その後の登り道では、今まで通りの素晴らしい

山岳遍路道が続きました。

Dsc08913

あの場所があんなに崩れているとしたら、歯長峠までの

道のりも崩れている可能性が大なので、安全策を取り、

歯長隧道で山脈を越えさせて頂きました。

Dsc08923

下山は予想以上の台風被害を目の当たりにしました。

倒木、崩落、道の寸断箇所も有りましたが、

なんとか無事に下山。

Dsc08934

今日も一日、お疲れさまでしたぁsign01

全員、みごとに歩き切りました。

   sun    sun    sun

「今回も陽射しの強さで、大変でしたぁ」

こんな日の歩行には、日傘が有効ですsign03

今日も数名の方が日傘を使用していましたよ。 

Akiyamav

ミズノ マイナス20℃傘 ¥5,500(税込)

晴雨兼用でお使い頂ける、スマホより軽い約140gの

ポケットに入れても持ち運べるコンパクト傘になります。

当然、UV99%カット。

「ダブルシェード構造」という特殊な技術で、

太陽光の熱をシャットアウトしてくれます。

今夏の当店のヒット商品のひとつです。

Dsc08791

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年10月15日 (土)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

10月8日は、琴参観光主催の「がんばらない遍路道歩き」

第17期の第2行程が開催されました。

Dsc_0116509_1

今回は徳島が誇る長大な吉野川を、北岸から南岸に

渡る行程で、四国霊場の札所を、4箇寺巡ります。

天気はほぼ曇りcloud。最低18℃~最高22℃。

前回は昼から過酷な暑さになり、大苦戦でしたが、

今回はかなり快適に歩けた様子。

参加者全員、めでたく完歩されましたsign03

それではレポートです。enter

Dsc08321

本日の歩行開始点は、前回の終了点の四国霊場

第7番札所の十楽寺からです。

Dsc08324

Dsc08329

本日も撫養街道(むやかいどう)を西進します。

かつての主要街道だった道のりには、住宅が立ち並び、

各お庭には手入れの行き届いた花や木が印象的でした。

どうしても目がキョロキョロしてしまいます。eye

白衣や菅笠を着用していなければ、挙動不審な歩行集団だと

思われても仕方ありませんね(笑)

Dsc08334

次なる8番札所の立派な山門が見えてきました。

高さ13㍍を誇る造りで、四国最大級の大きさ。

春には桜並木が美しい撮影ポイントなんです。

Dsc08341_2

四国霊場第8番札所熊谷寺に到着し、参拝。

境内では立派な多宝塔とご詠歌が流れる...

独特な雰囲気を持った札所です。

7番leftright8番は、約4.2㌔。

Dsc08359

8番からは約2.4㌔で9番なので、近い距離ですね。

北には阿波と讃岐を分ける...阿讃山脈が横たわっています。

ちょっぴり、のどかな田園風景に心和まされます。

昔は一面田んぼで覆われて、次の9番札所がよく見えて、

「田んぼの中の法輪さん」とも呼ばれていたそうです。

Dsc08366

四国霊場第9番札所、法輪寺を参拝。

四国霊場公認先達と一緒に読経を唱えます。

あ、当ツアーは宗教的な拘束は全く無いので、

参拝をしなくてもOKです。ホント、自由です。

Dsc08374

撫養街道を更に西進して行きます。

不思議ですが、この辺りのおうちのお庭には、

柿の木が植えられていることが多かったです。

もうすぐ色付いて、美味しくなりそうです。

Dsc08375

9番から約3㌔弱の歩行で、10番の参道に到着。

ここから、標高差約90mを登り、山中のお寺へ。

「初登り」チャレンジ。(happy01up

Dsc08380

入り口から本堂までは約700mで、

なんと階段が333段もあります。

「ここを登るの?」 (coldsweats02

誰もが驚く急な階段が、頭上に延びています。

Dsc08381

次の「遍路ころがし」の行程への試金石となる登りsign03

皆さんの足取りをチェックしたら、ほぼ大丈夫そうかな?

「ホッ」と安堵したのでした。

Dsc08411

四国霊場第10番札所切幡寺を参拝。

参拝後、境内でお弁当を開かせて頂きました。riceball

Dsc08422

1番から延々と続いて来た撫養街道の西進も

ここで終了。今度は一路、進路は南へ。

阿讃山脈の麓から、遠くに見える徳島平野南岸の

低山帯の麓を目指して、午後の歩行を再開。

Dsc08432

そしていよいよ吉野川の土手を登り、中州へ。

Dsc08437

吉野川の中州にある広大なエリアは善入寺島呼ばれる、

約500ヘクタールも在る、日本最大の川中島だそうです。

この辺りは川の流れが2本在り、まずは大野島橋で、

北側の流れを渡ります。

河原では、のどかな釣りを楽しむ光景も。

Dsc08444

まるで北海道を連想させる様な ...

周囲に人家が全く無い、広大な耕作地が広がる中、

1本の道を突っ切って歩いて行きます。run run run

でも一旦台風などで大雨が降ると中州は冠水することも。

そして北側の阿波市と南側の吉野川市の市境に当たります。

Dsc08459

南側の本流です。地元香川では決して見られ無い

水量に圧倒されました。

Dsc08476

ここは歩き遍路では欠かせない撮影ポイントcamera

吉野川に架かる川島潜水橋とお遍路さんは、

絵になる構図なのですsign01

Dsc08460

河原にそよぐ風が心地良く、も澄んでいて、

とてもキレイheart01 テンションも爆上がりup

Dsc08479

川島城のすぐ横を通り、吉野川南岸を歩いて行きます。

Dsc08486

10番leftright11番間は、約9.3㌔と長め。

一旦進路は逆向きに戻る様に、東進します。

Dsc08492

本行程の最終点、四国霊場第11番札所藤井寺に無事到着。

お疲れさまでした。今日の歩行距離は、約20㌔。

第1回目よりも3㌔ほど長く歩きましたよ。

Dsc08495

さて次回は...

今までの風景とは一変の、完全な山岳路へ。

第3回目にして、歩き遍路史上最大の難所の

藤井寺~焼山寺区間の「遍路ころがし」の登場です。

登って、下って、登って、急激に下り、最後急激に登る、

そんなアップダウン連続の、累積標高差1100㍍を誇る山岳行程。

でもここが一番人気のコースでもあるんです。(happy01)/

「最後まで残った空海の道」と呼ばれ、手つかずのが残る道のり。

是非、その人気の秘密をご体感ください。

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年9月23日 (金)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

大好評のメレルハイキングシューズ

モアブ3 SYN GTX W'Sミッドカットモデル

新色追加入荷致しました。

M6_2

(左)OLIVE色 新入荷 new 

(右)BOURGOGNE色 既入荷済

M4_2

この秋にリニューアルされて、新たなカラーリングが

ナカナカの好評みたいです。(smile)scissors

ゴアテックス搭載の防水仕様になっていて、

アウトソールの路面を捉えるホールド感が良く

とても滑りにくくて、足首まで有るミッドカット

しっかり足首をサポート

割と足幅にもゆとり有り軽量で、

とにかく履きやす~い (lovely)

四国の里山歩きで十分活躍してくれるモデルですね。

先日はスイスのハイキングに行かれる方が購入されて、

「街中でもハイキングでも、これ1足で行きます」と大喜び。

海外トレッキングが始まっている様で、ちょっと驚きましたが...

M3_2

M2_2

更に、モアブ3SYNGTXのロウカットモデル新入荷sign03

メレルモアブ3SYN GTX ¥16,500(税込)

(左)BURGUN色 new(右)BRINDLE色 new 

これでも十分近くの里山に登れますが、平地里山歩きがミックスの

トレイルウオーク街道歩きキャンプ

雨の日のウオーキングにも良いですね。

Mereru1_2

ちなみにカットの高低差ですが、分かりますか?

手前のロウカットモデルに対して、後方のバーガン色が

やっぱり少しかかと部が高くて、ミッドカット仕様になります。

また価格差は2、200円(税込)です。

M8_2

あと緊急告知です。

シルバーウイークの最終緊急企画が決定sign03

靴・バックパックのご購入で、好日山荘の

メンバーズポイントが15%還元sign03

*アウトレット品・クリアランス品・修理品・お取り寄せ品は対象外です。<(_ _)>

期間は23日(金)から26日(月)の4日間。

どうぞ、ご来店、お待ち致しております。

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年9月18日 (日)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

2000年から始まった琴参観光主催の「遍路道歩き」ですが、

当店スタッフのフルサポートのもと、23周年をめでたく迎える

ことが出来ました。本当にありがとうございます。

そして9月10日に、新たな「遍路道歩き17期」がスタートしました。

Dsc07754

コロナの影響で3年間、開催が延期されていたので、

本当に久しぶりの募集でしたが、沢山のご参加を頂きました。

初回は徳島県鳴門市の1番霊場霊山寺から7番十楽寺までの

約17㌔の歩行になります。

Dsc07752

まずは1番さんで歩き出し前に参拝を。

「お遍路さん」自体が初めての方も多く、期待と不安が

入り混じった中、参拝作法も見様見真似で初挑戦sign01

「読経」って、結構体力を使うものなんですよね。

Dsc07760

深夜から断続的な雨に見舞われましたが、

歩き出し時点では雨も上がり、風もそよいで、

曇天の中、とても涼しく歩き出すことが出来ました。

外気温は25℃ぐらい。

これもお大師さんのおかげですね(笑)

Dsc07766

今回でシリーズ27回目の歩く旅になりますが、

1番~2番で初めて新しいルートを採用。

季節柄、庭木で白や赤のサルスベリの花が

一杯咲いていました。

Dsc07769

約1.4㌔歩いたら、2番札所の極楽寺に到着。

時速3㌔の、ゆったりペースなので、皆さん大丈夫そう...

Dsc07752_5

2番極楽寺の境内にはお大師さんお手植えと伝わる巨杉の

「長命杉(ちょうめいすぎ)」が在ります。この木に触れて

長寿を祈願すると、3年、長生き出来るそうです。

ちょうど手の届く高さで参拝者がナデナデするので、

樹皮のその部分だけが、ツルツルに磨かれた状態です。

Dsc07781

通称「撫養街道(むやかいどう)」を

東から西へ辿ります。

周辺は田んぼや畑が続く...のどかな道のり。

少し雨に降られましたが、降水量は0.5ミリ程度で、

傘を10分程差しました。雨具の装着は今日は不要でした。

Dsc07784

古の遍路道はこんな感じになっていました。

コロナの影響で歩いていないのでしょうね?

今日は他に2名の歩きの方に出会ったのみ。

一瞬ためらう...草ボウボウの畦道。

秋ですね。スズメバチが飛び交っていましたdanger

歩く旅の良さは、季節の移ろいを五感で感じられる

所なんです。

Dsc07787

今日はこんな草が生い茂る遍路道が3箇所も

ありました。ちょっと驚きです(bleah

Dsc07792

3番金泉寺を参拝し、順調に進みます。

歩行スタッフの間で、各自好きなポジションで

歩いて貰いました。run  run      run

当歩行では宗教的な制約は全くないので、

ウエアは自由。参拝も自由です。

Dsc07798

かつて栄えた街道筋は往時の風情を残し、

さながら「お宅拝見」の道のりの様。

Dsc07806

田んぼの畦道歩きはドキドキの連続 heart02

Dsc07816

皆さんが想い描く...そんな風情ある遍路道が

ようやく出てきましたよ。

Dsc07824

3番奥の院愛染院で休憩。

ここには大きなわらじが奉納されて、腰から下の

病に霊験があるのだとか...

Dsc07822

Dsc07823
スタッフから、1房〇千円の地元徳島産のブドウを

凍らせた...涼やかなお接待をさせて頂きました。

Dsc07834

Dsc07851_2

Dsc07855

この辺りは、しばし自然豊かな山道が続き、

ホッとさせられます。こんな道が大好きです。

Dsc07865

お昼前に4番大日寺に到着。

上空には青空が広がって来ましたぁsign03

Dsc07876_2

阿讃山脈の麓のお寺を参拝後、ランチタイムrestaurant

今日はお弁当持参で、風の抜ける木陰で頂きました。

余りの気持ち良さで、お昼寝したいぐらいでした(笑)

Dsc07882

昼食後、4番を出発。好天対策で日傘を差す方が

結構いらっしゃいました。感心、感心 (happy01good

Dsc07899

5番奥の院五百羅漢を拝観し、5番地蔵寺を参拝。

Dsc07906

恐れていた天候になってしまいましたぁsign03

強烈な陽射しが降り注ぎ、気温は一気に上昇up 

30℃を遂に突破...

この暑さで歩行ペースも一気にダウンdown

先頭から最後尾まで、隊列は長~~~く(bearing

Dsc07932

「もう、限界sign03休憩したいsign03」と誰もが暑さに苛まれた頃、

後方支援隊がガリガリ君を調達し、配達してくれましたぁ bicycle

GOOD JOB!good

Dsc07937

北側には徳島・香川の県境の山並みが連なり、

その裾野に沿って歩いていきます。

アイスを食べて、少し元気になったかな?

Dsc07960

今日一番の札所間の長い区間、5番leftright6番の約5.3㌔を

歩けば、最終目的地の7番十楽寺は1.2㌔とすぐ近く。

ナント青空の後に、怪しい真っ黒な雨雲が追い掛けて

来たのだから、さぁ大変 (happy02sweat01

歩行ペースもアップせざるを得ませんでしたぁ。

Dsc07959

そして竜宮門が象徴的な7番十楽寺に到着。

参加者全員がみごと完歩を果たしたのですsign03

そして参拝後、バスに戻った瞬間に豪雨 rain

ギリギリ、セーフでした (coldsweats01sweat01

それにしても途中で暑さが厳しかったですが、

皆さん頑張ってみごとに歩き切りました。

非常に頼もしく感じましたよ。

次回第2行程は、7番十楽寺から、吉野川を北岸から、

南岸に渡り、11番藤井寺まで歩く...約20㌔の行程。

こう、ご期待ください。

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年8月30日 (火)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

大変、お待たせしましたぁ

ザ・ノースフェィス社から、この新作モデルの

メンズ長袖ハーフジップシャツが入荷致しました。

Tnf1

L/S フラッシュドライ Zip Up  ¥7,920(税込)

速乾性と通気性にこだわった高機能長袖ジップシャツです。

表面には吸汗速乾の優れた高機能ポリエステル素材を使用。

扁平な形状繊維を採用し、空気の通り抜けを促進し、衣服内の

ムレを軽減。更に静電ケアを施し、UVプロテクトも万全。

Tnf3

内側は、外側と違った水分を含まない、ポリプロピレンを使用し、

汗冷えのリスクを軽減。更に写真で見える黒いドットは、

グリッド上の凹凸になっており、肌との設置面積を少なくし、

常にドライな肌触り感をキープしてくれるんです。

生地自体は少し厚みが有り、しなやかな着心地で、幅広いアウトドア

シーンで、しっかりと活躍してくれそうです。

*またこの素材のロングTシャツも併せて入荷しています。

Tnf2

これでノースフェィスのメンズコーナーの売り場の

約半分が秋の新作で埋まりました。

Tnf4

またアウターでも、このからの新色が入荷sign01

ひと足早い秋の新作で、是非秋山にお出掛けください。

Dsc09619_2

*昨年の石鎚山山頂直下の紅葉。

ベースキャンプ高松店スタッフ

 

2022年8月24日 (水)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

今夏、当店で一番人気だったウエアは、

長袖ハーフジップシャツ でした。

多くの方がファイントラック社やミレー社の

ベースレイヤーの上に着用されています。

Img_1784

ようやく本日、マムート社から新規入荷致しました。

こちらは女性モデル。new

Performance Thermal Zip Longsleeve AF Women

      約150g  3色展開  ¥11,000(税込)

Img_1783

同様に男性モデルも入荷しています。

長袖ハーフジップシャツの利点は...

〇長袖・襟付きで肌を露出しないので、防虫・日焼対策もOK.

 更に転倒時の擦り傷対策にもGOODgood

〇暑ければ、ジッパーを下げて、体温調整も容易。

〇ピッタリとした着用感で、アンダーウエアとの接点も多く、

 吸汗促進効果も大!  等々 です。

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年8月 7日 (日)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

2000年からスタートした当店BASECAMPスタッフがサポートする

琴参観光株式会社主催の「がんばらない遍路道歩き」ですが、

遂に23年目に突入しました!

そして今秋から、新たに17期生スタートが決定!!

いよいよ募集開始です。

Burogu

四国八十八ヶ所の全行程約1100㌔を完全踏破する内容。

早いもので、シリーズの卒業生は約780名を数えます。

先般は、募集説明会を開催し、多くの皆様にお越し頂きました。

本当にありがたいことです。感謝しか、ありません。<(_ _)>

Cid_18276ab23548fa899251

募集のチラシは、当店店頭に置いています。

興味のある方は是非ご覧ください。Img_0126

四国の山々を越えて...

Img_0024

四国の海を感じ...

Dsc04414

まだ見ぬ街並みを歩き...

Dsc01671_1_2

今年は弘法大師ご誕生1250年の記念年。

お大師さんを身近に感じつつ...

Dsc00825

達成感と友情に満ち溢れた...

021

時に美味しいグルメや特産品との出会いを糧に...

Img_290

主役は参加頂くお一人、お一人。

生涯、心に刻まれる...

そんな「歩く旅」にしたいですね。

Img_282

記念すべき歩き出しは、9月10日(土)。

いよいよ、新たな旅の始まりですnote

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年8月 3日 (水)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

7月末に、高知県の仁淀川町を訪ねました。

同町は高知県の北西部、愛媛県との県境に位置し、

「奇跡の清流」と呼ばれる仁淀川に育まれた、

山と川が造り上げた渓谷が、特に素晴らしいんです!

「大自然にやって来たぁ~」そんな感じがします。

Dsc07633_2

そして近年、「仁淀ブルー」と呼ばれる独特の水の色が

話題の注目エリアでもあります。

今回はその「仁淀ブルー」を探し求めて、町内の3つの

渓谷を歩く...オリジナルプランを設定してみました。

Dsc07651_4

まずは、岩屋川渓谷へ。

土佐三大奇祭で知られる「秋葉まつり」の舞台のすぐ下を

流れる岩屋川は、河原に巨岩が点在し、訪れる人も少なく、

その分、静かで、野趣あふれる渓谷です。

川の中に飛び石の歩道が在ったり...

かなりスリリングな場面も在り、増水時の

単独歩行は危険なので、要注意 sign03

Dsc07458_1

Dsc07464_3

Dsc07454_2

川の色合いは澄んだエメラルドグリーン?

ほのかに青み掛かっても見えました。

Dsc07480_2

水辺はとても涼やかで、しばし下界の暑さを

忘れさせてくれますnote

真夏の「避暑ウオーク」ですね。(happy01scissors

Dsc07492_1_2

Dsc07500_2

飛び石エリアに到達。前週の台風直後の下見時には

飛び石は、全く川の流れの下に沈み込んでいました。

川に落ちたら大変なので、岩屋川の歩行はここまでに。

Dsc07521_2

周囲は、息苦しさすら覚える...緑一色の風景が展開。

かなりの秘境感漂う渓谷歩きとなりました。

でもここが今日一番の難歩き。

Dsc07537_2

次に訪れたのは、中津渓谷。

遊歩道の整備は良好で、観光客の姿も多く、

メジャーなエリアです。この日も小さな子供を

連れて、水遊びする...微笑ましい光景が見られました。

Dsc07550_2

水量は豊富で、渓谷自体が広々として、

とても爽快な感じがします。

Dsc07553_2

そして渓谷を登り、有名な滝を目指しました。

Dsc07555_2

爆音と水しぶきが舞う、「雨竜の滝」へ。

Dsc07556

この日も水量が多く、迫力満点sign03 (happy02

Dsc07564

川の色は、やはりエメラルドグリーンかぁ?

Dsc07571

渓谷沿いにはイワタバコも咲いていました。

Dsc07584

ランチは渓谷の入り口に建つ、「ゆの森」のレストランで。

川を眺められるオープンテラスを貸し切って、ゆったりと(嬉)

Dsc07581

数量限定の定食が一番人気でした。

Dsc07603

そして午後は3番目となる、安居渓谷へ。

実はここが「仁淀ブルー」の出現率が高そうと

期待していたエリアだったのですが...

Dsc07604

ここも有名な滝を目指しての歩行。

Dsc07611_3

「飛龍の滝」を眼前に、しばし鑑賞。

涼しくて、ず~っと居たくなるクール・スポットです。

Dsc07644

そしてこの渓谷で、今日最高に「仁淀ブルー」を体感した...

場所がこちらです。*写真のカラー修正はしていません。

透き通った緑色とも、青色とも表現しづらい...

緑と青の混じり合った不思議な色合い、

そう、これが「仁淀ブルーshine」。

Dsc07645_2

「見~つけたぁsign03

そんな満足感が有りました。

Dsc07443

実にこのエリアは西日本一標高の高い石鎚山系の

筒上山~手箱山が背後にそびえ立つ立地で、水の

純度が非常に高く、水色が青み掛かるのだとか...

Dsc07657

おやつには、お茶の産地の池川の人気プリンを頂き、

中津渓谷のゆの森のお風呂で汗を流して、帰路に。

渓谷歩き、滝巡り、グルメ&スイーツ、お風呂と

フルスペックで遊んだ一日となりました。

ベースキャンプ高松店stuff

2022年7月30日 (土)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

295511168_5709586775739778_58895222

2泊3日で尾瀬沼から尾瀬ヶ原縦走ハイクに

行って来た写真が届きましたので、掲載致します。

夏の代表花のニッコウキスゲが咲いていますね。

294678488_5709624889069300_78431026

 

294561289_5709624222402700_89577196
大清水からバスで一ノ瀬休憩に到着するなり、

いきなりザッと大雨。rain レインに身を包んで出発。

295347219_5709624935735962_15413789


最盛期にも関わらず、人出の少ない尾瀬沼から

尾瀬ヶ原の見晴へ抜けて一泊。

295633971_5709624709069318_58511573

295681586_5709625122402610_786651_2

木道の脇には可愛らしいキンコウカの群落~。

294546399_5709625052402617_25616580

295881535_5709586899073099_53639290


翌朝はスッキリとまではいきませんでしたが、

心地よい涼風が吹く尾瀬ヶ原を歩いて無事に下山しました。

ベースキャンプ高松店スタッフ