山の情報・知識 Feed

2022年12月 9日 (金)

ベースキャンプ高松店です。

12月7日は徳島県三好市西祖谷に位置する

標高1409㍍の国見山(くにみやま)に登りました。

318555668_575163641284523_697722885

四国の登山の入門編として知られる...

隠れた名山です。標高1500㍍に満たない山でも、

条件さえ揃えば、美しい積雪や霧氷を十分愉しむ

ことが出来るんです。

日中に気温が上がると霧氷が落ちてしまうことも多いですが、

冷え込んだ日の午前中は山頂一帯を埋め尽くす...

圧巻の霧氷を心行くまで堪能することが出来ます。\(happy01)/

では、レポートです。enter

317843971_575163551284532_918751542

登山口をスタート。

317695609_575163287951225_406360558

上の登山口に到着。

317813736_575163707951183_817265130

防火帯をジグザグに登ります。upwardrightdownwardrightupwardrightdownwardrightupwardright

高度を上げると、「アレッ 雪かな?snow

317847330_575163507951203_413356276

ナント、冬山の風物詩、霧氷shineでした。

稜線は、霧氷のトンネルが続きます。

本当に夢のような世界が待っていてくれましたぁsign01

318298127_575163347951219_790560975

318425279_575163541284533_206008535

318555668_575163641284523_6977228_2

日が射し込んで来ました。

「これがまたキラキラ輝いて、素晴らしかったですheart01

318538623_575163387951215_494411687

山頂に到着。まさに国を見渡す,,,

360度の大展望が広がりますeye

318336379_575163277951226_766625440

気温マイナス3度ですが、山頂部は風も弱く、快適でした。

317988250_575163777951176_146734427

下山は第二駐車場の方に降ります。down

318239076_575163734617847_204267294

国見山古道を歩きます。

318553787_575163407951213_652923047

林道まで下山。

318434289_575163601284527_421402285

林道を歩いて、上の登山口まで戻りました。

317845205_575163327951221_385803144

後山登山口へ、無事下山。

冬山が始まったかな?

そんな季節の移り変わりを感じる...

山歩きになりました。

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年12月 7日 (水)

ベースキャンプ高松店です。

12月4日は兵庫県南部に位置し、姫路、高砂、

加古川の市境にまたがる、起伏の激しい連山...

播磨アルプスに登りました。

318347895_572270128240541_428354015

主峰は「播磨富士」とも呼ばれる高御位山(304m)。

播磨アルプスは、東西に10㌔、細長い山容から

多くの登山道が有り、杉やヒノキの植林が無いことから、

展望が凄く良くて、瀬戸内海から中国地方の山並みを

眺めながらの、ハイキングコースとして人気の山です。

それではレポートです。enter

318446948_572270534907167_457246971

チタン製の大鳥居からスタート。

318183239_572270621573825_671395010

鹿島神社に登山の安全を祈願。

318371768_572270211573866_122031810

一枚岩の急斜面が続く。

318152153_572270364907184_431658875

快適な稜線歩き~note

318202994_572270721573815_101292547

最奥のピークが最高峰の高御位山。(coldsweats02

318519912_572270688240485_338524852

歩いてきた登山道を振り返れば eye

まさしく岩尾根縦走路。

318200093_572270424907178_278228185

高御位山に到着。

318223285_572270298240524_193327944

318321627_572270351573852_198423299

「素晴らし~い眺めじゃあないですかsign01

318227996_572270448240509_4910263_2

318244704_572270588240495_563409986

ベンチで昼食タイム riceball

318201722_572270261573861_5201570_2

下山は馬の背コース。down

318364872_572270501573837_301184836

青空の下、急降下。(bearing

318313244_572270164907204_488732635

無事下山しましたぁ。

標高300mの山と思えない迫力がありましたね。

あ~、楽しかったぁ! (happy01scissors

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年12月 5日 (月)

ベースキャンプ高松店です。

12月3日は徳島県上勝町の山犬嶽(やまいぬだけ/

標高997.2m)に登りました。

318038407_571281345006086_881749643

元禄14年の大崩壊により、山頂の岩石が「山犬が

牙を剥いた」様な形になったのが、名前の由来。dog

迫力ある巨石群やミニ四国八十八ヶ所参りの石仏など、

魅力が満載ですが、まるで日本庭園を想わせる...

美しい苔の風景が有名な、四国内では人気の山です。

レベルは、初級★⋆

それではレポートです。enter

318130993_571281538339400_461108796

シカ避けのゲートからスタート。

317423225_571281655006055_920676832

今回は反時計回りのコースで歩きます。

317462728_571281401672747_652976444

金比羅宮が祀られでいます。

318311229_571281675006053_370843640

岩の割れ目が登山道。(coldsweats02)?

317492603_571281508339403_229247238

大岩の上でハイポーズ camera

318029441_571281531672734_881159279

東光寺に到着。

318000879_571281448339409_607483323

足を伸ばして、西峰へ。

317441812_571281605006060_754396813

素晴らしい眺望~ eye heart04

317987359_571281355006085_386138082

山犬嶽の山頂に到着。

「ここでランチにします。riceball 」

317550305_571281498339404_340661539

下山開始。

318038407_571281345006086_8817496_2

317364074_571281595006061_715254037

水苔 の群生地を歩きます run

317846389_571281388339415_330374586

無事下山終了。

見所いっぱいで、愉しい山旅になりました。scissors

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年12月 4日 (日)

ベースキャンプ高松店です。

11月30日、岡山県の高梁市の臥牛山の標高430mに

建つ、備中松山城を訪ねました。

316685435_568716158595938_228511282

鎌倉時代から戦国時代に掛けて、「戦の為の城」と

して使われ、登城坂の周囲にそびえる岩壁から、

「難攻不落の城」で在ったことが伺えます。

秋から冬に掛けて雲海が発生し、天守が雲の上に

浮かんでいるかの様な姿が見られることから、

「天空の山城」と呼ばれ、人気が高いです。

それでは、レポートです。enter

317510048_568716218595932_223345635

登城のスタート。

山城ウオーク、しっかり愉しみましょうnote

316420185_568716005262620_272588503

登山口に到着。

316420912_568716141929273_610876273

音声で流れる案内板。

ただ歩くだけじゃあ無い、歴史と文化もお勉強。

316685435_568716158595938_2285112_2

天守閣に到着。

317262753_568716088595945_987351764

史跡跡を散策しながら、大松山吊り橋まで来ました。

317090788_568715845262636_732128352

展望台からの眺め。残念ながら雲海は無し!

317079647_568716075262613_402077003

雲海が出ればこんな感じなんですが...

316824429_568715861929301_623842120

下山開始。

312230500_568715938595960_527158391

317396717_568715951929292_294043963

紅葉が残っていました maple

317320568_568715905262630_317511412

さすがに「難攻不落」なのが、理解出来ましたぁsign01

316549505_568715915262629_889145819 

高梁の市街地が一望。eye

316686685_568716025262618_215325176

無事下山。

人気の山城ウオーク。run

次はどこの山城に登ろうかな (happy01

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年12月 2日 (金)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

11月19日~20日の1泊2日で、琴参観光主催の

「がんばらない遍路道歩き16期」第24行程が

開催されました。

Dsc00305

コロナウイルス蔓延の影響で、昨年2回も延期された

行程でしたが、遂に歩くことが叶いましたぁsign01

本コースは、土佐の国から伊予の国への国境越えの重要な

節目となる行程で、地元香川からは最遠エリアになります。

それではレポートです。enter

Dsc00282

今回は四国最南端の足摺岬からの打戻コースの

起点となる土佐清水市市野瀬からの歩き出し。

1日目は、宿毛市の四国霊場第39番札所の延光寺まで

歩く...約25.6㌔の行程。

Dsc00294

お天気は、雨が降ったり、止んだりの繰り返しでしたが、

個人的には雨具を着ずに、傘だけで対応出来ました。rain

高知県三原村を北西に縦断します。run

Dsc00296

山間ののどかな農村風景が広がる中を歩けば、

郷愁溢れ... 心はの~んびり、和やか~に heart01

Dsc00305_2

周囲を山に囲まれた高原状のエリアですが、

その山々から流れ込む清水を利用した

広大な田んぼが続きます。eye

古くから米どころとして知られ、「みはら米」の

ブランド米として人気です。

Dsc00317

ここ「三原村」は「酪農」と「どぶろく」も有名です。

「みはら米」を使ったどぶろく造りが盛んで、

珍しい「どぶろく特区」に指定されて、

色々な農家の方が造られています。

今回は特別に農家レストラン風車さんで

試飲させて頂きました。wine

いつもは、ダメ(pout)なのですが、お泊りなので運転も無いので、

ちょっぴりほろ酔い気分での歩行もアリで~す。

Dsc00319

「どぶろく」とは、こうじと米がそのまま入ったお酒。

自然発酵で一つ一つが丁寧な手作業で造られているそうです。

お土産に購入された方も多く、「今晩飲み過ぎない様に、ね」

Dsc00329

ちょっとした上り坂でも、心臓がバクバク(happy02heart04

どぶろくの試飲効果が出始めました~。

集落を抜けても、田んぼはどこまでも続きます。

Dsc00343

通称「ホタル湖」と呼ばれる中筋川ダム湖畔に入れば、

遂に三原村を抜けて、高知県の最後の市町村となる

宿毛市(すくもし)に入ります。

Dsc00341

この日はほぼアスファルト道の歩行なので、

足への負担も大分きつく感じられました。

Dsc00348

更に雨の歩行は、結構疲れるんですよね(coldsweats01

ダム湖畔で「おやつタイム~」 cake

先程立ち寄った農家レストランさんで調達した

「どぶろく饅頭」を美味しく頂きましたぁheart01

お酒は飲めないけれど、和のスイートはOKgood

どぶろくの匂いがほのかに薫る...素朴なお饅頭。

Dsc00358

高台を歩いて来た道のりも、下りに入りました。

山並みは雨に煙り、刻々と変わる自然風景の

大パノラマにすっかり魅了されました

Dsc00363

宿毛市平田町へ下って来ました。

「イチョウが真っ黄、黄」

里の紅葉も始まっていますnote

Dsc00365

国道56号に合流する頃、夕日が射し込んで来ました。

「もう、晴れるのかしら?」でも上空はどんよりとして、

明日の天気が心配です。

Dsc00373

時間は17時前。辺りはすっかり暗~く。

でも「お泊り」なので時間も気にせずに、最終目的地の

延光寺まで予定通り、歩かせて頂きました。

Dsc00376

午後17時を過ぎて、ようやく四国霊場第39番札所

延光寺に到着。お寺さんの優しい計らいで、遅くなり

ましたが、参拝OKの快い承諾を頂きました。<(_ _)>

Dsc00380

お寺ゆかりの赤色の亀の石像。

甲羅の上に、梵鐘を背負っています。

よっぽど参拝者に頭をなでられているみたいで、

頭部はつるつるshine

Dsc00387

土佐の国最後の札所です。

赤亀を囲んで記念撮影 camera

「これで長生き、間違い無しsign01

Dsc00394

今宵は四万十市中村のホテルで宿泊。

夕食は近くのお食事処に行かれる方が多かったです。beer

一番人気は、土佐ならではの「かつおのたたき」fish

さすがに本場は、かつおの鮮度と厚さが違いましたね。

全国旅行割のクーポンを使って、少しリッチなディナーrestaurant

明日も長丁場なので、皆さん早々にお部屋に戻り、

バスタブに浸かり、バタンキュ~だったそうです(笑)

<歩行データ>

行動時間:6時間33分  歩行距離:24.98㌔

平均スピード:3.8㌔/h    最高気温:15℃  

総上昇量:309㍍    総下降量:274㍍

最低高度:16㍍     最高高度:193㍍

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年11月30日 (水)

ベースキャンプ高松店です。

316177214_565439328923621_1482073_2

11月26日は、古くから修行道の山として知られ、兵庫県

姫路市夢前町に在る標高915.1mの雪彦山に登りました。

弥彦山(新潟県)、英彦山(福岡県・大分県)と共に日本三彦のひとつ。

「日本百景」、「ひょうごの森百選」、「兵庫50山」、「関西百名山」、

「近畿百名山」にも選出され、ロッククライミングの名所としても

知られている、人気の山です。

それでは、レポートです。enter

316412183_565439568923597_971248288

登山口の駐車場は満車状態でした。

316409056_565439718923582_672987684

今回の登山口が左側 upwardleft で、下山は右側 downwardleft

時計回りの周遊コースを辿りました。

316198535_565439802256907_520595869

アスレチック登山です。(coldsweats01

316200844_565439618923592_764736430

岩山を見上げながら登ります。eye

317097151_565439875590233_7778770_2  

鎖場に挑戦。

316130687_565439858923568_729532077

岩の割れ目が登山道。 (coldsweats02

316215470_565439398923614_119663623

みなさん、細いから大丈夫です。

316269408_565439478923606_721290454

316290571_565439672256920_566064908

次々と現れる岩場をクリアして行きます。sweat01

316823095_565438842257003_143927680

山頂に到着。

316240228_565439682256919_319191240

展望を楽しみながら昼食です。riceball

316155824_565439608923593_799991866

三角点を目指して周遊開始。

316288457_565439362256951_337566129

三角点に到着。

316309252_565439725590248_806582739

鉾立山に到着。

317092587_565439392256948_135302962

316131194_565439452256942_760895408

沢沿いを慎重に下りました。

316683263_565439815590239_772109004

無事下山終了です。

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年11月26日 (土)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

11月16日に、高知県の嶺北エリアの四国百名山の

工石山(くいしやま)登りました。

自然豊かな山域で、にはアケボノツツジシャクナゲ

咲き、も素晴らしく、更に整備状況も良く、比較的

登りやすい...と来れば、四国のハイカーの登竜門的な

人気の山のひとつになります。

Dsc00190

それでレポートです。enter

Dsc00164

工石山の南側の「青少年の家」の奥の林道から

歩行開始。人気の山なので、平日でも登山者は

結構いらっしゃいました。

この日はお天気が良く、稜線伝いに東に延びる、

三辻山(みつじやま)のたおやかな山容が見えました。

Dsc00168

ジグザグに少し登れば、「杖塚」。

この山は周遊型の登山道に加え、何本もの

エスケープ道が整備されています。

また四国でも珍しい... 山中におトイレが何か所か、

設営されています。

周遊道は「北回り」、「南回り」が在り、今日は登りが南回り、

山頂を経由し、下りに北回りコースを辿ります。

その分岐が「杖塚」になるんです。

Dsc00172

紅葉が素晴らしい山ですが、見頃はほぼ終わり、

落葉の残り香が微かに感じられる程度でした。

その分、太陽光が射し込み、明るい雰囲気ですnote

Dsc00184

高嶺ではほぼ終わっているリンドウの花ですが、

まだまだ登山道沿いには沢山ありました。

Dsc00187

登山道沿いには幾つかの展望ポイントが在りますが、

南側の高知市内、太平洋の展望は気温の上昇の為に

霞んでいました。

Dsc00190_2

杖塚から、ほぼフラットな山腹の周遊道が

賽の河原(さいのかわら)まで続きます。

Dsc00210

賽の河原からは「シャクナゲ道」を山頂に向けて

登って行きます。

Dsc00218

5月はシャクナゲの花が愉しめる道のりです。

四国の山でシャクナゲの名所はヤセ尾根が

多いですが、ここは特に危険な感じがしません。

Dsc00233

工石山の山頂に到着し、ランチタイムriceball

実にこの山の最大の魅力は、山頂からの抜群の展望sign03

双耳峰で、こちら側は南側、東側の展望が開けています。

条件が良ければ、東には剣山系の名だたる山々が見え

ますが、この日はやはり霞んでおり、梶ヶ森ぐらいまでしか、

確認出来ませんでした。

Dsc00236

双耳峰の北の頂(標高1177m)へ移動。

Dsc00242

北の頂からは北側の展望が素晴らしいです。

左から石鎚山系、赤石山系、法皇山系まで、

手前には嶺北の山々と...

まさしくパノラマビューが広がります eye

Dsc00243

Dsc00244_2

「これは凄いねぇ!」 大展望にご満悦 (happy01scissors

Dsc00247

北回りコースで下山。

Dsc00249

途中で台風の風で横倒しになった巨木に遭遇。

物凄い光景でした。

Dsc00253

白鷲岩に登ってみましたぁ...

「メチャクチャ、怖~い」

高度感に圧倒されます shock

Dsc00255_1

「 バ ン ザ イ ~sign01 

Dsc00263

ゆっくり、入門レベルの歩行を堪能出来ましたね。

Dsc00267

下山後、アフターウオークで、温泉spa へ。

今回はオーベルジュ土佐山さんを利用させて頂きました。

 お洒落な雰囲気で、大自然に囲まれた立地での露天風呂に

浸かれば、「もう最高ですね」 heart04

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年11月25日 (金)

ベースキャンプ高松店です。

11月19日は、中国山地の東端に位置する、

兵庫・鳥取の県境に跨る氷ノ山(ひょうのせん/

標高1,510m)に登りました。

316176684_559109509556603_400986455

氷ノ山後山那岐山国定公園の主峰で、兵庫県の

最高峰。また氷ノ山から南方に延びる...美しい稜線で

繋がる三の丸(標高1,464m)は、宍粟50選にも選定。

この2座を縦走しました。

それではレポートです。enter

316308463_559109729556581_102476713

今回は仙谷コース登山口から取り付き、

分岐から三の丸を目指しました。

316322632_559109519556602_540614199

沢を幾つか、渡ります。

315997182_559109669556587_708284478

途中にはが美しい場所も。

315768028_559109646223256_896238459

スキー場のリフト乗り場で一休み。

316419044_559109762889911_404684368

東屋付近で昼食。riceball

315956802_559109679556586_210991173

三の丸に到着。

316007858_559109556223265_515492287

なだらか稜線が、氷ノ山に伸びています。

316176684_559109509556603_4009864_2

三の丸から氷ノ山に続く登山道。

316257638_559109602889927_256500353

三の丸を振り返る。eye

316126770_559109789556575_605971777

氷ノ山に到着しましたぁsign01

315596226_559109632889924_691801622

下山開始。

316096952_559109542889933_6475725_2

ブナ林が続く。

316254971_559109592889928_567912735

氷ノ越えまで下山。

315710953_559109756223245_774005142

氷ノ越えの避難小屋で一休み。

315614859_559109742889913_817962202

氷ノ山キャンプ場に、無事下山。

もうすぐ、雪の季節ですね。

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年11月24日 (木)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

このから始まった琴参観光主催の遍路道歩き、

「がんばらない遍路道歩き17期」の第3行程が

11月12日に開催されました。

Dsc00066

3回目にして、街中を離れて、いよいよの中へ。

人家も全く無い山岳遍路道を歩いていきます。

いわゆる「遍路ころがし」と称される、お遍路さんが

転がる位の急な坂道が続く...そんな道のりの例えですが、

厳しい反面、自然豊かな山道で「最後まで残った空海の道

とも呼ばれる、誰もが一度は歩いてみたい...

そう願う人気の道でもあります。

それではレポートです。enter

Dsc09896_1

歩き出しは、徳島県吉野川市鴨島町の

四国霊場第11番藤井寺(ふじいでら)

お天気に恵まれて、最高の歩行日和になりました。sun

今まで歩いて来たウオーキングシューズから、

今回はトレッキングシューズに履き替えて、

ザックを背負い、山歩きのフル装備で臨みます。

Dsc09909_1

最初から急な登りが続き、一気に汗が吹き出しました。sweat01

この日の為にダブルストックを用意された方は、

その威力に大絶賛でした。

「ダブルストック、良かったわぁ」 ↾(happy01)↾

Dsc09914

直ぐに体温調整。「暑ければ、1枚脱いでくださ~い」

この日もアンダーウエアにカットソー1枚で十分でした。

「水分も適時取ってくださいね」

Dsc09930

樹林帯xmasの中の遍路道を登って行きます。

急だった道も、幾分緩やかに変わってきました。

「呼吸は吸うから、吐く方に意識してくださいね」

Dsc09932

遍路道沿いには、道の所在を示す遍路石が

ひっそりと佇み、風情が感じられます。

Dsc09962

ゆっくり、ゆっくりと歩を進めて行きました。

どうですか?素晴らしい道のりでしょ?」

きっと多くの方が思い描いていた様な...

「これぞ、THE 遍路道shine」と云える道じゃあないでしょうか?

Dsc09977

最初の経由地、長戸庵(ちょうどあん)に到着。

皆さん全く問題無く、登って来られました。

「これなら大丈夫sign01」(smilegood

Dsc09985_1

展望所からは、眼下に吉野川

対岸の阿讃山脈も見えました。eye

結構登って来ていますね。

Dsc09995

そして再び急登と変わり、一つ目の山登り区間が終了。

この日は出会う登山者は少なくて、とても静かな山道でした。

Dsc00014

そして林道歩きを経由し、柳水庵までの

最初の下りに入りました。

Dsc00031

かつては遍路宿も在った柳水庵(りゅうすいあん)へ。

名前の通り、から湧き出るが流れる...

お昼の休憩にはもってこいの場所。

Dsc00037

ザック゚で担いできたお弁当を美味しく頂きました。riceball

今まではバスに置いておけたお弁当でしたが、

少しでも軽くしたい...そんな工夫が随所で見られました。

Dsc00043

さぁ、お腹も満たされたので、

午後の歩行も頑張ってぇ(happy01

Dsc00059

柳水庵からは、2つ目の登りのスタートsign01

平らな道のりではお喋りが出来ても、少しでも

傾斜が急になると静かになるので、反応が分かり易いです。

Dsc00067

2つ目の登りのピークは、一本杉庵(いっぽんすぎあん)xmas

その直下で、物凄い光景に遭遇したのでした (wobbly

皆さん、スマホ撮影に必死sweat01

Dsc00066_2

石階段の上から...射し込む一筋の光shineshineshine

その先に、白く光り輝く人影。

それはまるで、その人影に導かれる...光の道の様で、

神秘に満ち溢れていました。

Dsc00070_1_2

そしてその人影の正体は、大師像だったんですよね。

本当に奇跡的な光景との遭遇でした。

この日、この時間、この天候で無ければ、

決して見られなかったのですから...

Dsc00073_2

「良く、歩いて来ましたね。これからも導いて差し上げます」

そう仰られている様で、荘厳、神聖、奇跡的な時間でした。

背後の巨木は左右内の巨杉で、左右に分かれた樹間から、

ちょうど太陽光が射し込んで大師像を照らしていました。

そしてその後、数分で光の道は消えたのでした...

ちょっと不思議な体験に、一同興奮が収まりませんでした。

Dsc00098

一本杉庵からは、2つ目の下りがスタートsign01

物凄い急下りは、どこまで下るのでしょうか?

Dsc00100

ここでも金剛杖やストックが重宝しました。

Dsc00101

谷を隔てて対岸には、次の札所が在る焼山寺山が

見えて来ました。わざわざ下って、また登り返すので、

気力が萎えてしまいます。

が、これもお大師さんから頂いた試練かも。

「頑張りどころですよ。」

Dsc00110

今回初めての人里の左右内(そうち)集落に下山。

この辺りは柑橘類と梅の栽培が盛んです。

Dsc00123

本当に谷底まで下って来ました。

ここからが最後の登りのスタート。

Dsc00129_2

Dsc00135

Dsc00140

アップダウンを伴う厳しい行程で、特に夏場は

足がつる人が続出する所です。

最後の気力を振り絞り、ジグザグの道のりを

登って行きました。upwardright

Dsc00153_1

Dsc00159_1_2

登り着いたら、そこは紅葉が広がる別世界 maple

 

四国霊場第12番札所焼山寺(しょうざんじ)の山門へ。

「お疲れさまでした。見事、歩き切りましたheart01 」

Dsc_0577_2

参拝したら、現地のマイクロバスに乗って下山。bus

次回は再びマイクロバスに乗り替えて、この地に戻り、

次なる札所の13番大日寺を目指します。

〈歩行データ〉 レベル:初中級★★

行程時間:7時間45分  歩行距離:11.10㌔

消費カロリー:2,288カロリー

平均スピード:1.4㌔/h

総上昇量:1,218m   総下降量:595m

最高高度:791m    最低標高:79m

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年11月23日 (水)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

11月9日は高知県香美市物部の白髪山に登りました。

四国では白髪山が2つ在り、こちらを「物部白髪山/

ものべしらがやま」と、呼ぶことが多いです。

Dsc09761

稜線部の紅葉はほぼ終わっていましたが、

お天気に恵まれて、周辺の山並みの眺望が

素晴らしく、大満喫出来ましたぁ。 \ (happy01)/

それではレポートです。enter

Dsc09628_1

香川県からのアクセスは結構長いですが、

途中のの名所「西熊渓谷」から見上げた

山並みのshineは、陽を浴びて輝いて、

ほぼ最高の見頃を迎えていました。

Dsc09639_1

今回は白髪山駐車場から林道を歩き、

剣山~三嶺縦走路上の白髪避難小屋に登り、

白髪山山頂を経由する...右回りの周回コースを辿ります。

レベルは入門~初級レベル★*

別府峡に通じる林道は崩落の為に途中通行止めなので、

車がほぼ通らない林道を緩やかに下って行きます。

Dsc09644

Dsc09649_2

林道から山に取り付きましたが、いきなりの急登。sweat01

周囲には落葉の木々が広がり、木漏れ日降る道のりは

明るくて気持ちが良いですが、眺める余裕はありません。

Dsc09652

大雨、台風の影響で、登山道が崩れている箇所も

幾つか在り、初見でルートファインディングは

少しだけ大変かも... 滑落も要注意danger

Dsc09672

森林限界を越えて、一面カヤや笹の原っぱが広がる

主稜線(標高1600m付近)まで来ましたぁ。

Dsc09674

目の前には白髪避難小屋。

遠くに日本百名山の剣山と兄弟峰の次郎笈も見えています。

空気が澄んで、遠くまで良く見えましたぁ。eye

Dsc09683

風が少しだけ吹いていましたが、

そんなに寒くはありませんでした。

避難小屋近くの窪地でランチタイム riceball

この所天候が安定しており、剣山系の縦走者も多く、

この日は4パーティ9名に出会いました。

どの方もお天気が良く、とっても楽しそうnote

Dsc09684

時間も余裕が有るので、お湯を沸かし、ミルで豆を挽き、

本格的なコーヒーをゆっくり味わいました。cafe

Dsc09691_1

避難小屋からは進路を南西に、稜線を辿ります、

Dsc09697_1

「白髪ノ別れ」が今日一の展望ピークsign01

北側には、天狗塚から三嶺に連なる山並み。

稜線沿いは笹原帯が広がる、四国の高嶺らしい風景です。

Dsc09709_1

百名山の剣山、石鎚山以上の人気を誇る...

三嶺(みうね、又はさんれい)は幾つものピークを隔てた先に

ドッシリと横たわって、抜群の存在感sign01

日本二百名山で、標高は1894m。

ここからだと、約2時間の距離。

Dsc09717_1

東側には(左)剣山(標高1955m)、

(右)次郎笈(標高1930m)。

ここからだと、約5時間30分の距離です。

Dsc09719

十分展望を満喫したら、白髪山に南下しましょう。

広葉木はすっかり落葉していました。

Dsc09726_1

縦走路から南東には、「四国一危険な山」と云われる...

双耳峰の石立山。標高は1707.7m。

ここからだと、約8時間程の距離。

Dsc09730

冬枯れの樹林帯の尾根道が続きます。

アップダウンもほどほどの道のりで、

のんびりと歩けるのが嬉しい!

この辺りは、鹿の食害が目立ちました。

Dsc09736

笹原が広がる、白髪山のピークへ。

白髪山の標高は、1770㍍。

ここだけの往復ならば、入門レベル

Dsc09759

山頂北の岩のテラスへ。

眼下には西熊渓谷、そして対岸には剣山系の

名だたる峰々の連なりが広がります。eye

Dsc09746_2

三角錐の山容が際立つ...天狗塚(標高1812m)。

右側に双耳峰の様に見えるのが、天狗峠。

Dsc09755

長大な山容が幻の様に感じられる...

綱附森(つなつけもり/標高1643.2m)。

右奥には土佐矢筈山(標高1607m)も見えています。

Dsc09768

物部白髪山を下山。

笹原に白い巨石が際立って見えます。

Dsc09776

無事下山したら、最近の個人的なご褒美は、

オピネルナイフで剥くご当地の柿ですheart01

地元の産直に立ち寄り、色んなモノを物色するのが、

本当に愉しみです。

Dsc09778

アクセス道では、山鳥、鹿に出会いました。

「後は熊かなぁ?」と思っていたら、

国の天然記念物のカモシカさんの登場sign01

<歩行データ>

行動時間:4時間40分  歩行距離:5.69㌔

消費カロリー:1831カロリー

平均スピード:1.2㌔/h

総上昇量:523m 総下降量:541m

最高高度:1769.8m白髪山ピーク

最低高度:1364m登山口

ベースキャンプ高松店スタッフ