山の情報・知識 Feed

2022年5月19日 (木)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

Dsc05955  

517日は、徳島県の祖谷山系の矢筈山と石堂山の

2座をつなぎ歩いて来ました。

天気は曇り時々晴れ。気温は低めで、歩行条件は最良。

笹深い山域ですが、今回は登山道の笹が刈られており、

物凄く歩きやすかったです。本当に感謝です。

Dsc05719  

登山口は三好市の落合峠。標高1520㍍。

明るく開けた峠で、開放感が抜群!

車道の向こうには烏帽子山・寒峰へと続く

一本の縦走路が見えています。

Dsc05727  

ちょうどミツバツツジが開花したばかり!

笹原の高原に赤紫の花が良く映えます!

左手には石堂山、右手には矢筈山が見えています。

Dsc05733  

笹原に新緑のブナが立ち並ぶ

樹林帯の中の素敵な登山道。

モミやダケカンバの木々も見られます。

アップダウンも少なく、お散歩感覚で歩けます。

Dsc05745  

サガリハゲ分岐手前に、物凄い急登があります。

ロープが張られており、助かります。

Dsc05760  

分岐を越えると、笹原のトラバース道。

雪で倒されていた笹が、茎に沿って滑りやすい道のり。

「慎重に!」

Dsc05773  

途中にお花畑が出現!

ワチガイソウの群落。

Dsc05776  

オオカメノキの白い花も咲いたばかり!

ツツジ赤紫に対して、白い清楚な花が印象的。

Dsc05788  

いよいよ矢筈山の本峰に取り付きます。

Dsc05799  

登って行くと、やせ尾根の岩場の通過も有り!

ちょっぴり緊張します。

Dsc05802_2 

 

振り返ると、法皇、赤石、石鎚山系の山並みの

連なりが幻想的に見えています。

北に瀬戸内海や島々も見えていました。

「素晴らしい展望!」

Dsc05814  

Dsc05818

樹林帯を抜けると、一面笹原の

矢筈山(やはずやま/標高1849㍍)に到達。

気温が低く、空気が澄んで、周囲360度の

大展望が見渡せました。eye

Dsc05819

Dsc05821

 

特に南側には東西に連なる広大な剣山系が望める、

素晴らしい眺望!

日本百名山の剣山、その兄弟峰の次郎笈、

日本二百名山の三嶺、三角錐が際立つ天狗塚、

土佐矢筈山と

四国のハイカーが「いつかは登りたい」と想う、

そんな名峰が連なって見えています。

Dsc05829  

さあ、石堂山を目指し、再スタート。

いきなりの急降下。

北東方面が切れ落ちており、高度感、狭い路肩も

相まって、物凄く緊張する箇所でした。danger

Dsc05831  

急降下後には、コミヤマカタバミの群落がありました。

Dsc05857  

矢筈~石堂間も笹は浅く、かなり歩きやすかったです。

途中に崩落箇所、そして何度もアップダウンを繰り返す道のりで、

距離の割に、時間も掛かり、精神的にも疲れます。coldsweats02

Dsc05859  

最後の石堂山への登り返し。sweat01

 

Dsc05865

石堂山山頂(いしどうやま/標高1636㍍)で、

矢筈山を望みながらの昼食。riceball

 

Dsc05867

少し下れば、石堂山の名前の由来となった

「御塔石(おとういし)」が見えます。

Dsc05872  

石堂山山頂から見上げた矢筈山shine

立派です!!

素晴らしい山容ですが、またあそこに

登り返すのかと思うと、かなり大変です。

 

Dsc05876

縦走路にはミツバツツジが時折見られて、

一服の清涼剤となってくれました。

 

Dsc05895

縦走路から先程登った石堂山が見えます。

Dsc05905  

矢筈山へ最後の登り。

がんばって♡

Dsc05934  

往路を戻ります。

本峰からトラバース道への取り付きで道をロスト。

過去にもロストしたことが有り、要注意!

朝に通過したお花畑では、イチリンソウが開花していました。

 

Dsc05952

木漏れ日が射し込めば、風景もまた変わって見えます。

Dsc05955_2

ピョコピョコと3つのピークが並ぶ矢筈山。

左奥が本峰です。

初夏を彩る

素晴らしい山旅になりました。

 

Dsc05974

グレードは中級レベル。

歩行距離:9.63㌔  タイム:7時間20

総上昇量:995

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年5月18日 (水)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

Dsc05628  

歩いて四国八十八ヶ所を完全踏破する5年越しの企画の

「がんばらない遍路道歩き」。

515日は16期生の第26行程が開催されました。

今回歩くのは、愛媛県愛南町の「柏坂」と呼ばれる山岳路。

四国遍路の山岳路で人気のナンバー3に入るコースです。

Dsc05517  

愛南町の旧内海村の柏エリアからの歩行開始です。

海辺なので、海抜は5㍍程度からのスタートです。

「眼前に屏風の様にそびえ立つ山並みを越えて行きますよ♪」

Dsc05524  

登り口で再準備。

新緑に包まれた山の美しさが際立っていました。

「風車の建つ、あんな上まで本当に登るの?」

ちょっぴり心配そうな声も (bleah

 

Dsc05529  

柏坂越えのいよいよスタート!

標高差は約460㍍を登ります。

前々日に降った雨の影響も無さそうで、ひと安心。

Dsc05535  

順調に高度を稼いで行きます。

道の整備状況も良かったです。

下の方は蒸し暑さを感じましたが、

上に上がれば風がそよぎ、

むしろひんやりとする感じで、

歩行条件は最良でした。good

 

Dsc05557

道中では古びた石畳、苔むした路面が随所に現れて、

昔ながらの生活道でも有り、旧遍路道でも有った

往時の風情を感じることが出来ました。

緩斜、急斜を繰り返し、柳水休憩所まで到達。

Dsc05561  

お大師さんが柳の杖を突き立てて、甘露の水

湧き出したと伝わる水源が在ります。

お加持水」として重宝されていたのでしょう。

Dsc05562  

水は枯れていなくて、ありがたく頂戴しました。

Dsc05566  

柳水からも、更にジグザグに高度を上げます。

Dsc05575  

「アラ、不思議?」

山上には立派な車道が通っていて、横切って、

更に柏坂の峠を目指しました。

Dsc05577  

遍路道沿いには詩人の野口雨情の歌碑が点在し、

一服の清涼剤となってくれています。

Dsc05582  

峠に到達すれば、急な登りは終了!

嘘みたいな水平道に変ります。

まるで水戸黄門の時代劇に出てくるような、

素晴らしい山道の出現です!

Dsc05602  

樹林帯ばかりの道のりでしたが、ようやく展望が開けた場所へ。

つわな奥展望台に到着。

宇和海と横たわる由良半島の絶景が広がっていました。

*ちなみに「つわな」は、植物のツワブキとのことです。

Dsc05612  

この素晴らしい展望所でランチタイム。restaurant

曇天でしたが、ここでシトシトと、雨が降り始めました。

Dsc05636  

展望所からは下山の開始。

緑の回廊は雨をさえぎり、雨具の装着は不要でした。

Dsc05640  

粘土質や小石の路石帯の上に苔むした路面が現れて、

この下りが究極にスリッピーな要注意箇所dangerとなり、

精神的に疲れましたね。coldsweats02

 

Dsc05659

古びた遍路道導(しるべ)が所在を示してくれます。

これを見つけると、遍路道を歩いている安心感が得られます。

Dsc05663  

新しくキャラバンのトレッキングシューズの人気モデル。

C1―02S(赤)をご購入頂きました。

「履き心地はいかがでしたか?」

Dsc05666  

振り返り見ると、風車があんなに遠くに

ちょうど山の反対側に出て来たんですね。

Dsc05682  

雨の勢いが少し増したところで雨具の装着を。

大体は雨具を付ければ、雨が上がるので、

期待を込めて

Dsc05687  

愛南町を縦断し、南予最大の都市、宇和島の津島に

入りました。山間は田植えがすっかり完了していました。

日本の田舎の風景に心が和まされます。

Dsc05698  

大門で国道56号を横断したら、山岳路から車道歩きへチェンジ。

旧の国道と思われる田舎道を北上。

道端にはもうウツギが咲いていました。

 

Dsc05704

旧国道から、自転車専用道に替わりました。bicycle

車も来ないので、ひと安心。

予想通りに雨も上がり、雨具を脱いで、快走中~♡

 

Dsc05705

雨後、山並みが一段とに輝いて見えました。

 

Dsc05707

芳原川沿いのリバーサイドウオークを

津島岩松IC手前まで歩き、今日の歩行は終了。

今回もたっぷり歩けました。

次回は宇和島の街中を縦断します。

名物の鯛めしや宇和島チャンポン、

そして人気のじゃこ天等の

グルメも楽しみですね。

 

歩行距離:約14.4㌔ 活動時間:約6時間

累積標高差:503

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年5月17日 (火)

ベースキャンプ高松店です。

280655673_5507016992663425_17743175

5月15日は鳥取県と岡山県の境に位置する、
上蒜山(1,202 m)、中蒜山(1,123 m)、
下蒜山(1,100 m)からなる蒜山三山
(ひるぜんさんざん)に登りました。

280632790_5507015975996860_70505142 

今回は回送にタクシーを使い、下蒜山登山口から
ササ原を抜け、下蒜山山頂へ。

280658520_5507016742663450_88167040

280649843_5507016139330177_46393039

次に中蒜山に登り、上蒜山へ縦走する登山道は、
アップダウンの繰り返しで、かなりハードな行程。
薄曇りで気温か低かったのか幸いでした。

280580011_5507016615996796_54273743

280623213_5507016155996842_42904959

280660574_5507016239330167_82100313

280609029_5507016855996772_78870202

280737087_5507016882663436_44188854

280630869_5507016395996818_56210985

山頂からは大山や烏ヶ山が眺望でき、
縦走路にはカタクリの群落が見られたり、
可憐な花々がたくさん咲いていました。

280653573_5507016352663489_58576152

280654181_5507016512663473_61089525

280619992_5507016759330115_57393192

280648338_5507016642663460_55879643

280625322_5507016485996809_76363173

280631348_5507016279330163_32061657 ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年5月16日 (月)

ベースキャンプ高松店です

九州の久住山(くじゅうさん)へ、
テント山行へ行ってきました。

280967900_5506859162679208_58424226

5月13日の金曜日、雨の降る夜に出発しました。
翌朝、長者原駐車場付近はまだ小雨が降っていましたが、
登山口では見事に天気復活!

280650320_5506859712679153_89477618

280931705_5506859466012511_389654_2

久住山山頂。eye

280615491_5506859312679193_26108170

北千里ヶ浜

280995211_5506859589345832_72900867

北千里ヶ浜からくじゅう連山の大船山が目の前に。

 
281029574_5506859482679176_80645965
 
法華院山荘。白濁した源泉はお肌がツルツルに。spa
入浴後は、生ビールが進みます。beer(笑)
  
 

280623887_5506859329345858_74902446

法華院山荘では月夜に照らされたキャンプ場でテント泊。

法華院山荘のキャンプ場は下の水はけが良いので助かります。

280619591_5506859182679206_78221304

法華院山荘の夜のキャンプ場です。

満月と山とテントsign01

朝方は4度くらいまで冷え込みました。

280967900_5506859162679208_584242_2

翌日は平治岳を登って長者原へ下山。
 

280654938_5506859632679161_954049_4

平治岳山頂直下からミヤマキリシマと久住山、

中岳、三俣山方面。

今から気になるミヤマキリシマの開花ですが、
場所によって異なりますが、今が3分咲きなので、
来週辺りが綺麗なのではないでしょうか。
ただ、標高差もありますし、北斜面の群生地は
まだまだのようなので、5月下旬頃まで楽しめそうですね。
 
ベースキャンプ高松店スタッフ
2022年5月 9日 (月)

 うどん県、ベースキャンプ高松店です。

279899959_5484753701556421_77599554  

5月8日(日)は、法皇山脈の中でも人気の日本二百名山・

花の百名山・四国百名山にも数えられる、西赤石山

(にしあかいしやま/標高1623㍍)に登りました。

お天気は晴れ。今年のGW後半はお天気に恵まれました。

279899952_5484754284889696_47507430

279900336_5484754154889709_61336963

279965923_5484754641556327_43901651

279910378_5484753591556432_771096_2

279908015_5484753341556457_322070_2

石鎚山系の山々が一望の大展望や、

眼下に広がる瀬戸内海。

ピンクに染まるアケボノツツジなど

この山の魅力が満載sign01

279909961_5484753161556475_88667351 

279901404_5484753124889812_79696805  

279917227_5484753498223108_62804100

標高が低いにもかかわらず、

四国でも随一のツガザクラが

自生している、稀有な山域です。

279986338_5484754558223002_754084_2

現在、北側からの東平登山口が通行止めの為、
 
日浦登山口から登りました。
 

279913340_5484754404889684_76589580

279900487_5484807021551089_660174_3

279920913_5484807044884420_46488432 ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年5月 7日 (土)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

Dsc05282_2

5月2日に、大阪・奈良の県境に在る、日本三百名山の

大和葛城山(やまとかつらぎさん/標高959㍍)に

下見山行を兼ねて登りました。

お天気は晴れで、新緑が素晴らしかったです。

登山者は多く、皆さん新緑登山を楽しんでいました。

Dsc05224

今回は奈良の御所市側のロープウェイ乗り場横から、

北尾根新登山道を登りました。

Dsc05232

尾根道からは、こんな雄大な山容が望めます。

Dsc05235

登山道は整備良好。

但し、雨水で登山道が削られた箇所も有り、

悪天候時には要注意danger

所々に現在地を示すポイントの表記が有り、

トラブル時の連絡には最善ですね。

*この日は上空から「安全登山」のアナウンスが

  午前と午後にありました。airplane

Dsc05247

道が緩やかになる頃、山ツツジが現れ出しました。

Dsc05255

チゴユリ、咲いていましたnote

Dsc05264

階段の多いダイヤモンドトレイル・コースを避けて、

歩きやすい自然研究路コースへ。

*一部台風の影響で通行止めになっています。

Dsc05268

Dsc05270

なだらかで歩きやすい道のりが続きます。

山側、谷側共に新緑が最高でしたsign03

Dsc05282_3

山上のツツジ園へ

「一目、百万本」と称されるツツジの開花が気になる。

どれどれ、どんな感じかな?

Dsc05286

「わあ、結構に染まっていますね。」

2分咲きぐらいでしょうか?

でも十分、見応えがあります!

Dsc05294

ほぼカタクリは終了していましたが、

何とか綺麗な開花したお花を発見camera

Dsc05296

ツツジ園の鞍部から見上げた景色です。

見頃は5月9日の週~かな?

Dsc05313

山頂へ。

何故か、赤い郵便ポスト?

Dsc05309_2

奈良側には大和三山がうっすら見えました。

Dsc05310

大阪側はぼんやり...

Dsc05329

Dsc05335

下山は櫛羅(くじら)の滝コースです。

こちらの方が台風の影響が凄かったみたいでした。

迂回路が設営されており、歩行には問題ありませんが、

スリップや転倒には要注意!

そんな箇所もありました。

悪天候時は、北尾根ピストンの方が安全ですかね。

活動時間:4時間15分  歩行距離:8.84㌔

総上昇量:837㍍

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年5月 6日 (金)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

55日に愛媛県西条市の星ヶ森に登り、

縦走スタイルで四国のみちを歩きました。

天候は晴れ。気持ち良い気候でした。

Dsc05427_1_3

 

「星ヶ森(ほしがもり)」はかつて弘法大師空海が

修行をした場所で、谷を挟んで霊峰石鎚山がそびえ、

「石鎚山の西の遥拝所」と呼ばれる標高約780㍍の

抜群の展望所です。eye

Dsc05352_1_2  

歩き出しは西条市(旧小松町)の湯浪(標高180㍍)。

最初は車道歩きからで、ここから四国のみちを

辿って登って行きます。

頭上にはこれから目指す星ヶ森周辺の山上が見えています。

周囲は新緑の始まった木々が若々しい!

Dsc05356_2

 

湯浪休憩所で登山準備をして、山に入って行きます。

この日は駐車場がほぼ満車で、登山客で賑わっていました。

ここでは山から湧き出す石鎚山系の名水を汲むことが出来ます。

折角なので、お抹茶タイム にしましたぁ!

コーヒーも用意しましたが、皆さんの希望で、

下山後に取っておくことに!(笑)

Dsc05359_2

 

さぁ、登りのスタート。「四国のみち」ですが、実は60番札所

横峰寺に続く、由緒ある「遍路道」でもあります。

Dsc05374_2

 

途上には遍路道の所在と距離を示す「遍路導」が点在。

Dsc05378_2

Dsc05383_2  

沢沿いの涼やかな道のりに、心がホッとさせられます。

めちゃくちゃ、水が澄んで綺麗でした。

Dsc05399_2

 

沢を離れると、登り傾斜もアップ。up

汗が噴き出ます。sweat01

お寺迄の距離を示す表示板が急に減ったり、逆に増えたりと

色々で、皆さん一喜一憂されていました。

 

高度を上げるとようやく谷間から吹き上げる風有り。

Dsc05401_2

 

札所への最後のストレートな登り道。upwardright

この日は「シャガが咲き誇る花街道」となっていました。

Dsc05407_2

標高約745㍍に建つ横峰寺に到着。

山門付近のシャクナゲはほぼ満開状態。

Dsc05421_2  

境内にはヤマシャクヤクの開花花も。

Dsc05423_2  

お寺に荷物をデポさせて頂き、空荷で星ヶ森を

往復しました。

Dsc05427_1_4  

「素晴らしい光景!」

石鎚山shineが目の前に広がっていました。

何度も訪れていますが、これだけクッキリと

見えることはそうそうありません。

Dsc05431_1_2  

星ヶ森からは、鉄製の鳥居を額縁代わりに、石鎚山を

はめ込んで眺めるのが、ナカナカ良い感じ。

どっしりとした屏風の様な山容は、さすが西日本一高い山。

Dsc05443_2  

横峰寺に戻ると

誰もが「エッ?」と驚く!!!

それも素晴らしい光景が!

ちょうどシャクナゲが、ド満開!でした。

Dsc05455_2

境内の背後を埋め尽くすシャクナゲの大群落。

余りに凄いので、お昼ごはんを兼ねて、

ゆっくりさせて頂きました。

Dsc05463_1_2

噂では聞いていましたが、これだけの規模とは、驚きです。

Dsc05475_2  

横峰寺からは次の61番札所の香園寺の奥の院まで

7.6㌔の下りの行程。

さすがに参拝者や登山客はほぼ居なくなり、静かな

山道に変りました。4名の方に出会ったのみ。

登りは植林帯の中が多かったですが、下り道は自然林の中を

結構歩くことが出来ました。

Dsc05483_2  

ツツジも何とか見ることが出来ました。

Dsc05504_2

緑の回廊に心癒されっ放し

急な下りという訳では無いのですが、距離が結構

長く感じられました。

Dsc05512_2  

標高約180㍍地点の車道に無事下山。

Dsc05514_2  

最後標高約60㍍の奥の院まで歩き、フィニッシュ!

「お疲れさまでした。」

 

沢道、石鎚山の展望、シャクナゲ大群落、新緑の道のりと

色々な内容が詰まった山行になりました。

 

歩行距離:13.3㌔  所要時間:約6時間30

総上昇 約780㍍  総下降 約873

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年5月 5日 (木)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

279499510_5469553296409795_13858861

5月3日(火)は宇和島市の背後に連なる南予アルプスの
鬼ヶ城山(1151m)〜大久保山(1155.5m)〜八面山(1166m)を歩きました。

279495350_5469553019743156_35792203

279490308_5469554343076357_49473379

279496901_5469553689743089_692202_2

279480067_5469553853076406_30449877

シャクナゲの山として有名な鬼ヶ城山系の、美しい新緑の森と、
赤やピンクのシャクナゲも見頃。

279538145_5469553099743148_83986324

279475296_5469553883076403_55689781

宇和海から佐田岬までの360度の展望も満喫できました。

279505128_5469554189743039_12008362

279461837_5469553396409785_28697981

279544249_5469553253076466_21192096

279493051_5469554056409719_55910477

279456070_5469554173076374_68942099

ベースキャンプ高松店スタッフ

2022年5月 4日 (水)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。

 

51日に、愛媛県の皿ヶ嶺(さらがみね)出掛けて、

のんびりとお花見山行を愉しんできました。

Dsc05181  

皿ヶ嶺は石鎚山の西側に位置し、東西約16㌔にも

及ぶ皿ヶ嶺連峰を形成する、その西の雄です。

四国有数の「山野草の宝庫」として知られ、GW前後の

この時期は、特に沢山の種類のお花を見ることが出来ます。

更にコースも色々有り、比較的に楽に登れるので人気です。

Dsc05188  

この日は朝から曇っていましたが、昼前からはお日様も

出て、しぼんでいたお花も一斉に開いてくれました。

Dsc05062 

花もきれいですが、実は樹木もとっても存在感が有り、

素晴らしいので、頭を上げて見上げて欲しいです。eye

木々の新芽が芽吹いて、目に優しい緑色で包まれています。

Dsc05067  

登山道は整備良好で歩きやすいです。

但し分岐が多いので、地図は必携。danger

この日は登山者が多く、4050名ぐらいに出会いました。

小さな子供連れのファミリーにも人気です。

Dsc05103 

標高1278㍍の山頂に到着。

美味しそうにお弁当を広げる方が多かったです。

Dsc05104  

山頂から竜神平へ。

Dsc05117  

木々の間から木漏れ日が笹原に射し込み、

明るい森の雰囲気が最高です!

Dsc05122  

標高1150㍍付近に広がる広大な湿原が竜神平。

近年乾燥化が進み、笹やカヤが生い茂っています。

Dsc05144

ツツジも開花中。

Dsc05172

眼下には東温市や松山平野も。

Dsc05185  

この日は、イチリンソウが一杯開花中sign01

花の後ろに紫がかったモノも結構多かったです。

Dsc05191

ヤマブキソウは、イチリンソウの近くで咲いていました。

Dsc05057  

ハシリドコロも今が最も花盛りかな。

Dsc05015 

ヤマリルソウ

Dsc05165 

シコクカッコソウは色鮮やかで、際立っていますね。

Dsc04999 

エンゴサクも一杯でした。

 

Dsc05155 

ワチガイソウ

Dsc05198_2

 

個人的に見たかったお花ですが、

ヤマシャクヤクも見ることが叶いました。

Dsc05093  

今日はシリオのミッドカットを着用。

シリオ P.F.156-3 \18,700(税込)

E+と幅広で履きやすい...ミッドカットモデル。

390g(片足)と軽量ながら、しっかりと

サポートしてくれる頼もしい相棒。

ゴアテックス搭載の全天候型で、ソールは滑りにくい

ビブラム社のメガグリップを採用。

トレイルウオークや遍路道歩き、

里山歩きには最適です。

Dsc05200  

下山後は、のんびりとコーヒーブレイク。cafe

夏場にそうめん流しをしている水の元で

お水を汲んで、準備。

Dsc05202

最近はアウトドアでコーヒー豆を手動ミルで

挽いて、本格的なコーヒーを愉しむ方が増えて来ました。

Dsc05204

今回は、GWという気分が、その手間さえも

楽しませてくれるように感じました。

Dsc05214  

下山後、皿ヶ嶺の長い山並みを振り返り、

季節を変えてまた登ろうと思いました。

ホント、良い山です。

お勧めしますsign03

 

総歩行時間:約4時間 歩行距離:6.97㌔

総上昇:488㍍

ベースキャンプ高松店スタッフ

 

 

2022年5月 2日 (月)

うどん県、ベースキャンプ高松店です。
 
4月30日は、鳥取県の烏ヶ山(からすがせん、
標高1,448m)に行ってきました。

279678623_5463754126989712_49700272 

「山陰のマッターホルン」とも称される
烏ヶ山は、三角錐が特徴的な鋭峰で、
伯耆大山の隣に位置します。

279656745_5463754433656348_18493375

歩き始めは4℃で、寒かったです。

279622657_5463754483656343_92333610

岩をよじ登った後にポーズを取ってくれました。

279623725_5463754503656341_40419014

山頂への分岐。

有名な「宇多田ヒカル岩」があります。

279625312_5463754303656361_38073811

烏ヶ山と奥に伯耆大山。

279655982_5463754266989698_80987827

279689510_5463754153656376_70801820

山頂から伯耆大山の眺めは抜群です。eye
 
登山前にサンカヨウの花も見れて、
新緑もきれいでした。

 

279659502_5463754960322962_80021584

279640836_5463754573656334_527790_2

279623762_5463754680322990_571754_2

 

279627767_5463754600322998_697300_2

カラスが羽を広げたような形の「烏ヶ山」。

山肌には残雪も。

279584599_5463754260323032_34160388

新小屋峠からは車道を歩かず、

樹林帯の中を歩きました。

ベースキャンプ高松店スタッフ