2019年12月 6日 (金)

【入荷情報】シリオ P.F.730 & P.F.731

幅広の登山靴といえば、そう【シリオ】ですね。

そのシリオからセミワンタッチアイゼン対応の登山靴が入荷しました。

 

「P.F.730」 Price:¥38,000+tax (下の写真右側、黄色い方)

「P.F.731」 Price:¥40,500+tax (下の写真左側、赤い方)

Img_7749_2

 

この2足の違いは、ゴアテックス・インシュレーテッドを使用しているか否か。

厳冬期用の登山靴に多く使用されているゴアテックス・インシュレーテッド。

保温材、断熱材みたいなもの。ゴアテックス・インシュレーテッド=暖かい、と思って大丈夫です。

 

が、厳冬期の登山で使えるか?というとまた別の話。

厳冬期、森林限界を超える場所になると気温がマイナスになります。

風が吹くと体感温度はさらに下がります。風速1mで1℃下がると言われています。

温度の感覚は個人差が大きいので、この気温なら大丈夫!というデータはありません。

使ってみないと分からない。

この季節のこれくらいなら大丈夫と、自分の身体で試してみるしかありません。

  

Img_7754  

 

履き口にカフが付いています。

冷気の侵入や暖かい空気を逃がしにくい構造。

  

 

Img_7751_2

   

P.F.730

重さ:791g(サイズ27cm)

カタログ値:760g(サイズ26cm)

  

Img_7750_3

   

P.F.731

重さ:782g(サイズ27cm)

カタログ値:760g(サイズ26cm)

  

カタログスペックはどちらも一緒ですが、P.F.731の方が9g軽い結果に。

個体差はありますが、ゴアテックス・インシュレーテッド仕様のほうが軽いのは意外。

断熱材がフワフワしているだけで重さはそんなにないのかも。

  

Img_7752_2

   

グリベル エアテックオーマチックを装着。

  

Img_7753_2  

どちらも後ろコバ付きなのでセミワンタッチアイゼンが装着可能です。

前コバは付いていません。

 

冬季用幅広の登山靴お探しの方は是非試してみて下さい。

 

▼商品についてのお問い合わせはこちら▼

好日山荘 立川店

TEL:042-512-5755