山の情報・知識 Feed

2019年5月 8日 (水)

大台ケ原では天の川や流れ星を見ることができます。

本当は星空目当てで行ってきたのですが、

星の写真はうまく撮れず、またリベンジしてきます(^o^)

Img_4436

この日の、日の出はam5:05でした。

Dsc_0294

真っ暗から、だんだん こんな感じで明るくなっていって、

Img_4433

空がキレイな色に染まっていくのを見るのが好きです。

静かな山の中で、どんどん空の様子が変わっていく..

Img_4432 日の出の時のレイヤリング(ご参考にどうぞ)

上半身

✽アクティブスキンロングスリーブ

✽メリノウールロングスリーブ150

✽ナンガダウンジャケット

✽ノースフェイスアコンカグアダウンジャケット

✽ネックウォーマー

✽ニット帽

下半身

✽メリノウールソックス

✽メリノウールタイツ200

✽ストームゴージュアルパインパンツ

✽ダウンパンツ

完璧に暖かかったでーす(*^^*)

気温は10℃を下回り6℃。

日出ヶ岳山頂は風もあり寒かったです。

Dsc_0309

尾根の木と雲の感じが好きな1枚。

Img_4444

山頂でコーヒーを飲みたかったのですが、

風が寒かったので、正木峰の方の

東屋でコーヒーと持ってきてたエクレアをいただきました

プリムスのP-153

ライテックトレックケトル&パンコーヒータイムを堪能

✽大台ケ原山行の詳細はコチラをクリックください✽

           ✽

           ✽

毎月8.9日はバッグの日です~~♪♪

(毎月8.9日は1万円以上のバッグご購入でポイント1,000Pプレゼント)

Img_0231

H2_021 ✽レイワ会計キャンペーンの詳細はコチラをクリックください✽

 

H1_021

✽うれしい靴のキャンペーンの詳細はコチラをクリックください✽

皆さまのご来店スタッフ一同お待ちしております(*^_^*)

2019年4月24日 (水)

あと1週間で令和です✽

お正月の初日の出は毎年ありますが、

新元号の初日の出はとっても特別ですね✽

岸和田カンカン店では令和初日の出登山に!!

『岩湧山』 をご紹介いたします

Img_6999

岩湧山は、大阪で愛されている山のひとつです。

ススキが有名でとてもススキがキレイです。

今現在は山焼き後で渋くカッコイイ姿になっているのも見物です。

山頂は広くてベンチもいくつかあります

Img_7017

岩湧山は南海電鉄天見駅 紀見峠駅から、

バスを利用せずに岩湧山に登れる交通の便も良いお山です

滝畑ダムの方に下山した場合はバスがあります。

そのまま槙尾山に縦走することもできます。

天見駅の方に下山されると、天見温泉で、

令和初の温泉♨ 初風呂♪

合わせて堪能できますよ(*^^*)~

Img_96521

キレイなススキが有名で人気です。

岩湧寺への登山道には、

春はシャクナゲ・秋はシュカイドウのお花が咲いてキレイで、

色んなシーズンの山登りを楽しめます。

もっと体力のある方は和泉葛城山や金剛山へ縦走することもできます。

季節が違いますが岩湧山登山の詳細を下記にUPしております。

 ぜひご参考にご覧ください(*^^*)

▲岩湧山の山行レポート1はこちらをクリック下さい▲

▲岩湧山の山行レポート2はこちらをクリック下さい▲

▲岩湧山の山行レポート3はこちらをクリック下さい▲

暖かく?暑く?なってきましたが、

いま現在、日の出timeは10℃を下回る日があります。

↓ こんなフリースやダウンのご用意ください(^o^)

Img_6352

▲THE NORTH FACE ▲

MOUNTAIN VERSA MICRO JACKET

¥10,800+tax

上がレディース、 下がメンズです。

Img_6354_2

そして冷えた身体にうれしい暖かい飲み物を

持っていくならコレ!

Img_6357

▲THERMOS ▲

FFX-500 山専用ボトル

上が500ml   下が900ml

紅茶やコーヒー、ココアで温まりましょう~

カップラーメンを山頂で作る場合は下のサイズが良さそうですね(*^^*)

Img_6360

一度、熱湯でボトル内を温めてからのご使用をおすすめします。

本当に保温力に優れています!!!

                     ☀        ☀

他店舗ブログでも令和元年の初日の出をご案内しております。

皆さま是非ご覧くださいませ(^o^)

2019年1月11日 (金)

こんにちは。岸和田カンカンベイサイドモール店です。

今回は冬に楽しめるおススメの山紹介ということで、比較的に登りやすい冬山コースをご紹介します。

関西の冬山といえばやはり、金剛山(こんごうさん)1125m!!

一番のメインコースは千早本道のコースですが、ご紹介するコースは登山者が少ない水越峠側からの

青崩道です。

Img_3391

青空と雪がきれいですね。

Img_3393

車道はすこし雪がありました。(登山口にトイレあります)

Img_3344

階段は少ない。

Img_3351

寒波が入るとこんな霧氷が見れます。

Img_3361

ライブカメラで有名な国見城跡に到着。

Img_3362

温度計は-3℃

Img_3366

転法輪寺

Img_3376

葛木神社など見どころあります。

ぜひあたたかい装備で冬の金剛山を楽しんでくださいね!!

今回、岸和田カンカン店は金剛山の青崩道をご紹介しました。

好日山荘では冬のおススメの山をたくさんご紹介していますので、ぜひ他店舗のブログもご覧くださいませ!!

2018年12月26日 (水)
2018年8月12日 (日)

連日の猛暑から逃げるべく、

大峰は神童子谷へ行ってきました~

駐車スペースから入渓点の近さ、遡行の難易度も比較的低く、

初心者にも人気の沢だということが納得できました。

今回は釣行として行きましたが、次来るときはピーク目指して歩いてみたいと思います。

 

 

Img_1387 

へっついさん。腰ほどの深さでした。

 

Img_1385  

赤鍋滝は、左岸からトラバース気味に。

適度にホールドがあり、残置ピトンもあります。

 

Img_1384  

Img_1381  

Img_1377  

Img_1378  

釜滝で終了としました。

 

Img_1372  

Img_1369  

帰りはスライダー。

焚火は人の本能な気がします。

詳しくはコチラを見てくださいね~

2018年7月 5日 (木)

Img_5520  

こんにちは、岸和田カンカンベイサイドモール店です。

ただいま南海電鉄とYAMASTAのコラボ企画、

高野山町石道(ちょういしみち)スタンプラリーを開催しております。

 

 

1  

高野山への参詣道、町石道を歩くハイキングコース♪

高野山への道しるべとして1町(約109m)おきに石柱がたっており、

慈尊院から壇上伽藍の大塔まで約22kmの道のりの間に180基あります。

 

 

Img_5519  

Img_5524  

このスタンプラリーでは、

その道中にあるチェックイン場所10ヶ所で

スマホを使いスタンプをゲットしながら歩いていきます。

スタンプを全てゲットするとトロフィーがもらえ、

その画面をお店にお持ちいただくと、

缶バッジと認定証をお渡しいたします。

缶バッジは10種類から選べますよ~

 

  

 

私も早速行ってみました~!!

4  

3  

2  

基本的には、アップダウンの少ない歩きやすい道で、

道迷いの心配もほとんどありません。

チェックイン場所には目印がないので、

あらかじめ地図上での場所を把握しておかないと、

私みたいに?引き返すことになるので注意してください~!!

 

 

5  

2019年6月下旬までやっているので、

四季折々の高野山を楽しむことができます。

皆さまもチャレンジしてみてください(^^)

2018年6月 4日 (月)

94d1f430cf074df7a4a7faca8ea0c4b3 

皆さんご存知の、大和葛城山と金剛山へ行ってきました~

アルプスなどに比べればスケールこそ小さいですが、

地元に愛され、整備された登山道でトレーニングにも最適、

やっぱり里山はいいな~と感じました。

 

 

Img_1104  

Img_1105_2  

大和葛城山へは、天狗谷ルートを選択。

近鉄長野線、富田林駅からバスで葛城登山口バス停まで行き、

5分ほど集落を歩いたら、沢沿いの天狗谷道スタート。

沢はかなり荒れており、浮石や落石に注意です。

 

 

Img_1107  

Img_1113  

沢を離れれば、木段の多い整備された登山道で、

危険なところもなく、気持ちのいい樹林帯を進みます。

頂上直下のキャンプ場。

 

 

Img_1115  

到着~

1時間ほどで歩けたので、それなり満足。

広い頂上で少し迷いながらも、そそくさと金剛山を目指します。

 

 

Img_1117  

Img_1119  

水越峠へのくだりは、ひたすら木段、石段。

特に下りは、膝の弱い方要注意です。

重たい荷物を背負えば、いいトレーニングになりそう。

 

 

Img_1123  

水越峠まできたら、車道を50m程下って、

左手に写真のようなところがあるのでをフェイスをくぐって入ります。

いざ金剛山へ~

 

 

Img_1127  

Img_1128  

Img_1130  

しばらく林道を歩き、橋を渡ると山道に。

上の方は杉林で、なかなかいい雰囲気でした。

 

 

Img_1133  

Img_1135  

Img_1143  

金剛山到着。

言わずもがな、たくさんの人で盛り上がっていました。

 

 

Img_1144  

Img_1139  

帰りは千早本堂の木段を駆け下りて終了~

写真は、私のいつものスタイル。

ナルゲンはカラビナでショルダーベルトの根元につけ、

プラティパスに入れた水を休憩時に補充します。

登山、クライミング、なんでもこれでイケます。

 

 

次はどこでトレーニングするかな、、

それでは!!

2018年5月26日 (土)

百名山、四阿山に行ってきました~

なんとも見なれない漢字ですが、これで「あずまやさん」と読みます。

ルートが多く、初心者でも登りやすい百名山ということで、

地元の人や登山初級者に人気のある山です。

隣の根子岳に行くにも手軽で、一緒に上る方が多いと思います。

今回は、牧場から四阿山、根子岳を経由して下山するルートを選びました~

 

 

Img_1011  

Img_1019  

菅平牧場の駐車場から、トイレを横切り200m程進むと登山口。

しっかりとした踏み跡と道標があり、道迷いの心配なし!!

腰ほどの熊笹の登山道、樹林帯の中を進みます。

 

 

Img_1022  

中四阿のあたりで開け、目標とする四阿山が見えました。

 

 

Img_1028  

頂上近くは歩きやすい木道になっています。

ここまできたらもう少し~

 

 

Img_1032  

Img_1069 

頂上から根子岳方面。

百名山にふさわしい景色で、人もたくさんいました!!

 

 

Img_1037 

Img_1041 

根子岳へは、一度大隙間というコルまで下りて登り返します!!

四阿山→根子岳は、下りが急で登りが楽ちん。

根子岳→四阿山は、下りはなだらかで登りが厳しい。

前者がおすすめ。

 

 

Img_1048  

頂上の写真がなくてすみません。

根子岳から牧場への道は、開けていて石がごろごろしています。

 

 

Img_1053  

Img_1054  

途中、展望台があります。

道は安定していて、危なげなく縦走を終えました~

 

 

Img_1055  

牧場のソフトクリームは美味しいモ~

みんなも待ってるモ~

2018年5月17日 (木)

Img_0987  

三重の名張、第一岩壁へクラックをやりに行ってきました~

駐車場から岩場までの距離は近いですが、車を降りて30秒で渡渉があります。

男でも股下ギリギリだったので、女性は腰近くまで浸かります。

 

 

Img_0967  

常連さんはウェーダーのようです。

 

 

Img_0961  

渡渉から5分も歩けば、雄大な柱状節理の岩場が出迎えてくれます。

縦に走った大小様々なクラックがあり、

ルートが密集していてトレーニングにもぴったり。

 

 

Img_0963

 

Img_0977  

■直登 5.10a 15m

名張、第一岩壁で最も登られているルートのひとつ。

下部・中間部はハンドサイズ、上部はオフウィズスです。

キャメロット4番がなく、左側のクラックからプロテクションをとりました。

リード&フォローで登り、ゴールドフィンガーへ。

 

 

Img_0981  

Img_0983 

■ゴールドフィンガー 5.10b 25m

直登の終了点から登れるルート。

下部から中間部は凹角のハンド、それ以降はフィンガーサイズとなります。

中間部以降は右側にもフィンガーサイズのクラックが出てくるが、

今回は濡れていて使えず、グレード以上の難しさでした。

ジムスタッフHさんはしっかりOS、さすが。 

 

 

Img_0960_2  

Img_0957  

■これなんですか 5.10a 25m 

第一岩壁の最も右側に位置するルートで、

取り付きまでは壁の右側を回り込んでテラスまで歩けます。

下部・中間部はハンドとフィスト、上部は前傾のハンドです。

中間部のフィスト部分がいやらしく、上部の方は意外と快適~

 

 

Img_0962  

今回のルートで使用したカムです。

0.3番はいらず、4番が必要でした。

 

 

Img_0975_3  

Img_0972  

5.10以下のルートはありませんが、クラックデビューにもいいと思います。

登った後は、ギアのチェックをして忘れ物のないよう帰りましょう~